水web 水がなければ人間は生きていけません。水が私たちの身体と生活にどれほど密着に関わっているものか、もう一度考えてみる必要があるのかもしれません。
おいしい水
おいしい水とは
硬い水と軟らかい水
水ってなんだろう?
水の特質
重水と軽水
水とカラダ
人間の体の60%は水
体液の構造
1日に必要な水の量
脱水症状は2〜4%
新生児はなぜ水分が多い?
水分補給のポイント
水とダイエット
水を飲むと太る?
水を飲むとむくむの?
下痢をしたときは水を飲まない方がいい?
運動中に水を飲むと疲れる?
便秘解消にも水が効く?
水で老化を防ぐ
水は美容にもいい?
体に良い水
水道水と浄水器・整水器
水道水
水道水に含まれる有害物質
水のおいしさを阻害する成分
浄水器・整水器の種類と特徴
水と生活
水と料理
水(お湯)を使う飲み物
肌や髪に与える水(お湯)の影響
水のトラブル
節水
水と地球
水と生命の誕生
地球上の水
20億年の水の循環
水と文化
水と日本
日本の水利用
日本の水の取水源
日本の水とヨーロッパの水
日本の名水百選
おいしい水
本来水は無味無臭なのです。
それでは「おいしい水」とはどのような水でしょうか。
おいしい水とは
イメージ
▲天然ミネラル水は鉱物分や微生物が溶け込んでいる
本来水は無味無臭なのです。
雨水を調べてみても、蒸留水に近く、ミネラル成分などをほとんど含んでいません。
この点ではある意味きれいな水とも言うことができます。
しかし不純物をまったく含まない「純水」は、味の点からすると湯ざましと同じようにとても飲めたようなものではありません。

雨水は地球上に降った後に、いろんな地質層や岩石層の狭い隙間に浸み込んでいって、いろいろなミネラル成分(カルシウム、マグネシウムなど)を溶かし込みます。
水に味があるというのは、飲み水が純粋なH2O(エイチツーオー)ではなく、鉱物分などを溶かし込んでいるからなのです。
天然ミネラル水の中には、岩盤の鉱物、苔や藻などの微生物など実に500種以上の物質がほどよく溶け込んでいます(もちろん微生物が多量に存在するような水は飲料には適しませんが)。

さらに水には硬度があります。
水には軟水と硬水があり、水に含まれているミネラル成分(カルシウム、ナトリウム、カリウムなど)によって分けられます。
1リットル中100mg以下が軟水、200mg以上が硬水とされています。
日本の水の場合はほとんどが100mg以下の軟水です。
この硬度は水の味を決める大きな要素の一つです。

それでは「おいしい水」とはどのような水でしょうか。
味は個人の嗜好もあり、いちがいに言うには難しい部分がありますが、厚生省の「おいしい水研究会」の調査結果によると以下の通りになっています。
  • 蒸発残留物(ミネラル):30〜200mg/l
  • 硬度:10〜100mg/l
  • 遊離炭酸:3〜30mg/l
  • 過マンガン酸カリウム消費量:3以下
  • 臭気度:3以下
  • 残留塩素:0.4mg/l以下
  • 水温:最高20度以下

含有成分の他に水のおいしさを決める要素として水温があげられます。
ぬるい水も冷たすぎる水もおいしくないように、やはり適温というものがあります。
一般に飲み物がおいしく飲める適温は、体温マイナス25度だと言われています。
個人の体温差によって多少のずれもありますので、だいたい10〜15度の範囲として考えておけばよいでしょう。

【参考文献】
「水のミステリー」:(株)ジェイアール高崎商事
 WSRK'Sプロジェクト編
「からだによい水地球によい水」:TOTO出版
 日比谷国際クリニック院長鴨下一郎著
トップページ
戻る
このページの上部へ
次へ
セコムアルファ株式会社