水web 水がなければ人間は生きていけません。水が私たちの身体と生活にどれほど密着に関わっているものか、もう一度考えてみる必要があるのかもしれません。
おいしい水
おいしい水とは
硬い水と軟らかい水
水ってなんだろう?
水の特質
重水と軽水
水とカラダ
人間の体の60%は水
体液の構造
1日に必要な水の量
脱水症状は2〜4%
新生児はなぜ水分が多い?
水分補給のポイント
水とダイエット
水を飲むと太る?
水を飲むとむくむの?
下痢をしたときは水を飲まない方がいい?
運動中に水を飲むと疲れる?
便秘解消にも水が効く?
水で老化を防ぐ
水は美容にもいい?
体に良い水
水道水と浄水器・整水器
水道水
水道水に含まれる有害物質
水のおいしさを阻害する成分
浄水器・整水器の種類と特徴
水と生活
水と料理
水(お湯)を使う飲み物
肌や髪に与える水(お湯)の影響
水のトラブル
節水
水と地球
水と生命の誕生
地球上の水
20億年の水の循環
水と文化
水と日本
日本の水利用
日本の水の取水源
日本の水とヨーロッパの水
日本の名水百選
水とカラダ
人間の体の60%は水。
人間にとって、生物にとって、水はとても大事なものなのです。
体液の構造
イメージ
▲血液の総量は5リットル、血液以外の体液の総量は1〜2リットル
人間の体液の構造は、「海水」にきわめて近い性質をしています。
その海水に似た体液は、個々の細胞が住みやすいように、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、塩素といった成分を常に一定のバランスに保つように、微妙な調整を行っています。
この調整機能をホメオスターシス(恒常性維持機能)と言います。

体重の60%を占める水のうち45%までが、細胞内に封じ込められた水で、残り15%が、血液、リンパ液など、細胞の外にある水です。
この細胞内液、細胞外液をあわせたものを体液と呼び、この体液が生命の維持、活動に重要な役割を果たしています。

成人での血液の総量は5リットル、血液以外の体液の総量は1〜2リットルです。

体液には電解質と非電解質があり、電解質にはナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウムなどの陽イオンと塩素、亜硫酸のような陰イオンといった成分があり、非電解質には燐脂質、コレステロール、中性脂肪、ブドウ糖、尿素、乳酸などの成分があります。
電解質は体液の化学的な骨組となるものであり、非電解質の方は、運搬や排泄に利用される物質だと言えます。
こうした体液の物質の濃度の違いにより、ホメオスターシス(恒常性維持機能)が働いて、必要な成分を吸収し、不要なものを排泄して生命活動をいとなんでいるのです。
【参考文献】
「からだによい水地球によい水」:TOTO出版
 日比谷国際クリニック院長鴨下一郎著
「暮しの中の水百科」:にっかん書房 江川隆進
「すぐに役立つ水の生活学」:けやき出版 松下和弘
「おいしい水健康法」:PHP研究所 高橋由美子
トップページ
戻る
このページの上部へ
次へ
セコムアルファ株式会社